Now Loading...

Now Loading...

MENU
CLOSE
MAIL

PRODUCTS

製品紹介

スーパーウォールT

大型プレキャストプレハブ擁壁

スーパーウォールT

5種類のブロックを積み重ね、
控壁部胴込めコンクリートと底版部を
現場にて同時にコンクリート打設するため、
完全一体化した剛性の高い擁壁です。

特長
多様な用途

5種類のブロックの組み合わせによって、壁体の高さを自在に調節ができます。12mまでの高層擁壁も容易に構築できます。
フーチングが現場打コンクリートによりますので、軟弱地盤での杭基礎における杭頭とフーチングの剛結合が可能です。
フーチング幅を変えることにより、従来無理であった高盛土にも対応できます。
ブロックの表面に模様、着色の化粧が可能で周辺環境にマッチした美観の優れた擁壁を構築できます。
現場に合わせ直積はもちろん勾配をつけた設置も可能であり、盛土部、切土部どちらにも対応できます。

剛性が高い

管理された工場で製作された品質の高い製品の安定供給が可能です。
控壁部の厚さは仕上がり寸法440〜480mmと、現場打擁壁以上の寸法が確保されており、安全性の高い擁壁構造となります。控壁部胴込めコンクリートは、フーチングコンクリート打設時に、同時に打設するため、フーチングとブロックは完全一体化し、従来の積み上げ式ブロックに比べるとより剛性が高くなっております。

施工性に優れる

従来擁壁と比較してスーパーウォールTは組立作業が単純で熟練工を必要とせず、施工管理も容易で工事をスピードアップできます。特に、従来プレキャスト擁壁で基礎レベル調整が困難でしたが、スーパーウォールTは、軽量(190kg)な据付け用基礎ブロック:S型の導入により、人力でも容易にレベリングができます。また、ブロック間の継目部には、設置の彩スムーズに位置決めができるよう、導入ピンを採用しております。

経済性に優れる

スーパーウォールTは垂直壁にすることができますので、用地を最大限に利用することができます。
施工性が良いため工期が短縮されコストダウンとなります。

省力化の推進

1つのブロックを3㎡にする事により、従来の積上げブロック式の擁壁に比べ1日の施工能力をアップし工期短縮ができ、作業員数の低減を図ります。

工期比較
現場打擁壁
工期を100日とした場合
スーパーウォールT
工期65日
工期比較
現場打擁壁
工期を100日とした場合

工期を100日とした場合

スーパーウォールT
工期65日

工期65日35% Down

用途

・道路工事、宅地造成などの土留工、斜面保護工
・河川、水路、ダム、海岸沿いの護岸工
・治山、砂防の土留工、埋設工、法止
・急傾斜地、地すべりなどの崩壊対策工
・その他、自然環境保護施設関連

製品種類
NA型
NB型
C型
D型
S型
多目的使用例
L型擁壁としての使用例
逆T型擁壁としての使用例
逆L型擁壁としての使用例
製品規格

NA型

記号 参考重量(㎏/個) 寸法(㎜) H×L
NA-1型 700 1300×1500
NA-2型 1020 1800×1500

NB型

記号 参考重量(㎏/個) 寸法(㎜) H×L
NB-1型 750 1000×1500
NB-2型 1500 1000×3000

※NB-1は左右どちらかのたて壁にはテーパーがありません。

C型

記号 参考重量(㎏/個) 寸法(㎜) H×L
C-1型 955 1000×1500
C-2型 1910 1000×3000

※C-1は左右どちらかのたて壁にはテーパーがありません。

D型

記号 参考重量(㎏/個) 寸法(㎜) H×L
D-1型 1245 1000×1500
D-2型 1870 1500×1500
D-3型 2490 2000×1500

S型

記号 参考重量(㎏/個) 寸法(㎜) H×L
S-1型 190 200×1500
S-2型 285 300×1500
S-3型 380 400×1500
S-4型 475 500×1500
S-5型 570 600×1500
S-6型 665 700×1500

※現場打フーチングの厚みにより、S1〜S6を使い分けいたします。

標準歩掛り
呼称 規格
H×L(㎜)
参考重量
㎏/個
1日の標準据付数 労務(人) トラッククレーン
15t吊(日)
諸雑費率
(%)
個数 世話役 特殊作業員 普通作業員
NA-1型 1300×1500 700 60 30 0.25 0.50 0.75 0.25 3.00
NA-2型 1800×1500 1020 70 26 0.21 0.42 0.42 0.21
NB-1型 1000×1500 750 42 28 0.36 0.72 0.72 0.36
NB-2型 1000×3000 1500 60 20 0.25 0.50 0.50 0.25
C-1型 1000×1500 955 36 24 0.42 0.84 0.84 0.42
C-2型 1000×3000 1910 50 16 0.30 0.60 0.60 0.30
D-1型 1000×1500 1245 27 18 0.56 1.12 1.12 0.56
D-2型 1500×1500 1870 36 16 0.42 0.84 0.84 0.42
D-3型 2000×1500 2490 40 13 0.38 0.76 0.76 0.38
S-1型 200×1500 190 12 40 1.25 2.50 2.50 1.25
S-2型 300×1500 285 14 31 1.07 2.14 2.14 1.07
S-3型 400×1500 380 16 27 0.94 1.88 1.88 0.94
S-4型 500×1500 475 17 22 0.88 1.76 1.76 0.88
S-5型 600×1500 570 18 20 0.83 1.67 1.67 0.83
S-6型 700×1500 665 20 19 0.75 1.50 1.50 0.75
パーティ(1日当り) 1名 2名 2名 1台
  • 現場条件により本歩掛りによりがたい場合は、別途考慮してください。
  • トラッククレーンは油圧式15T吊りを標準としますが、現場条件により適合した機種を計上してください。
  • 施工現場にブロックを仮置きすることができない場合は、補助クレーンとして現場内運搬用にクレーン装置付トラック(2.9t吊り)を計上してください。
  • 諸雑費は敷モルタル、目地材等の費用であり労務費・トラッククレーン賃料の合計額に上表の率を乗じた金額を上限として計上してください。
組み立て手順
1 基礎砕石
2 均しコンクリート打設
3 ブロック体搬入
4 基礎ブロック積上げ
(S4・D1ブロック)
5 基礎ブロック積上げ完成
(S1・D1ブロック)
6 底版鉄筋組立
7 底版型枠組立
8 底版コンクリート打設
9 底版コンクリート完成
10 ブロック積上げ
(D2ブロック)
11 ブロック積上げ全景
(D2ブロック)
12 ブロック積上げ
(C1・2ブロック)
13 ブロック胴込め
コンクリート
(C1・2ブロック)
14 ブロック積上げ
(NB1・2ブロック)
15 ブロック胴込め
コンクリート
(A・Bブロック)
16 ブロック積上げ完成
製品・工法に関するご質問や
ご相談はこちらから
株式会社技研 本社
〒030-0113 青森県青森市第二問屋町3丁目3-15
TEL.017-757-9980 FAX.017-757-9981