MENU
CLOSE
MAIL

PRODUCTS

製品紹介

ハレーサルト

超高耐久・長寿命コンクリート

ハレーサルト

セメントの一部に高炉スラグ微粉末を使用し、細骨材として高炉スラグ細骨材を100%用いて緻密化し、耐塩害性、耐凍害性、耐硫酸性を向上した超耐久性・長寿命コンクリートです。

  • 製品寸法
  • 歩掛り
  • 施工方法・流れ
特長
耐塩害性 5倍以上

ハレーサルトは高炉スラグを用いた水結合材比の小さいコンクリートであるため、高い塩害抵抗性を発揮し、塩化物イオンの見かけの拡散係数は普通コンクリートの1/6以下、設計耐用期間は5倍以上です。

EPMAによる表面からの塩化物イオンの浸透深さと濃度解析写真 コンクリート表面からの距離と塩化物イオン量の関係
複合劣化(塩害・凍害)に対する抵抗性

塩分濃度10%水溶液による凍結融解試験を実施したところ、ハレーサルトは100サイクル経過後も外観に変化がなく、凍害と塩害による複合劣化環境でも健全な状態を維持しています。

ハレーサルト
複合劣化(凍害・塩害) 100サイクル
普通コンクリート
複合劣化(凍害・塩害) 100サイクル
耐凍害性 5倍以上

緻密な内部構造をしたハレーサルトは凍害の原因である水分が内部に浸透しないため、AE剤を使用しない従来のプレキャストコンクリートに比べて5倍以上の耐凍害性を有します。(60サイクル→300サイクル以上)

凍結融解による相対動弾性係数の変化
耐硫酸性 3倍以上

ハレーサルトの耐硫酸性は硫酸水溶液浸せき試験より求められる中性化速度係数で表され、その特性値は3.0mm/(year・%)を標準とします。

5%硫酸水溶液浸せきによる中性化深さの測定 5%硫酸水溶液浸せき試験結果

硫酸環境下でのハレーサルトコンクリートの適用環境条件は、硫化水素ガス濃度が50ppm以下、かつ、硫酸濃度が0.5%以下(ph1.2以上)となる環境で使用できます。

経過写真
低炭素 CO2排出削減約40%

材料の約50%が高炉スラグであるため、一般的なコンクリートに比べて原材料に由来するCO2の排出量を約40%削減できます。

CO2排出比較
資源循環 再資源化率50%

セメントの一部を高炉スラグ微粉末に、細骨材の100%を高炉スラグ細骨材に置き換え、高炉スラグを質量比率で約50%使用することで、資材の有効利用による資源循環が図れます。

配合例
高炉スラグ細骨材とは

高炉スラグは、高炉で鉄鉱石を溶融・還元する際に発生するスラグです。

高炉スラグ

高炉スラグ細骨材は、急冷処理した高炉水砕スラグを軽破砕し、粒度、粒径を摩砕加工によって整え、必要に応じて固結防止材が添加されたものです。

事務局 ランデス株式会社内

〒719-3192 岡山県真庭市開田630-1

TEL:0867-52-1141 FAX:0867-52-3515 Email:info@haresult.jp

製品・工法に関するご質問や
ご相談はこちらから
株式会社技研 本社
〒030-0113 青森県青森市第二問屋町3丁目3-15
TEL.017-757-9980 FAX.017-757-9981