MENU
CLOSE
MAIL

BLOG

技研通信

ワイヤーソーを導入しました!

こんにちは。青森工場からの『技研通信』です。

青森工場に、「株式会社 ミラノ製作所」様製のワイヤーソーが設置されました。
どことなく仮○ライダーV3の変身ベルトに見えますが・・・、切れ味は抜群です!

試運転で試し切りを行いましたが、切断面及び切断寸法等、満足いくものでした。
機械の取扱いに十分注意しなければいけません。安全作業で役物品をカットいたします。

弊社の片土留側溝も役物対応が出来る様になりましたので、ぜひぜひご依頼頂ければと思います。

皆さま、ワイヤーソーが導入された、技研の青森工場を引き続きご愛顧頂きます様、宜しくお願い申し上げます。

風力発電はじめました!

こんにちは。青森工場からの『技研通信』です。

弊社青森工場へエコエネルギーを作る風力発電用風車が設置され稼働が開始されました。

C&F Green Energy Ltd(C&Fジャパン株式会社)様の「C&F JAPAN」という機種となります。
アイルランドにあるC&F本社にて、24時間インターネット経由での監視制御が、リアルタイムで行われているそうです。
世界中にあるC&F社の風車が一括管理されております。

写真撮影した当日も適度な風の中、元気よく回っておりました。

賢いことに風向きを感知して、ナセルというブレードが付いている頭の部分が自動で風が吹く方向に向いてくれるんです。
工場の風向きを確認する為の吹き流しが不要になってしまいました。
コンクリート用型枠を養生シートで覆う作業の際は、とても役に立っています。

風車の高さはブレードを含めると、なんと26mにもなり、東北新幹線で八戸駅から七戸十和田駅までの途中、弊社工場横を通過する際、確認することができます。
お近くまで来た際はぜひ一目ご覧になってくださいね♪

「C&F JAPAN」を見習って技研のコンクリート製品も、少しずつエコの事を考えていきたいと思っております!

エクセン様と海外メーカー様がいらっしゃいました!

こんにちは。青森工場からの『技研通信』です。

昨年末、振動機メーカーの『株式会社エクセン』林社長様が中国青島の製品メーカー様と杭州の型枠メーカー様を連れ、技研青森工場へ見学にいらっしゃいました。

現在中国ではプレキャストコンクリート製品の製造が盛んになってきているようです。

今回は日本のプレキャストコンクリート製品の製造現場を見る事で、中国国内で需要が高まってきている、ボックスカルバート製造の参考にしたいとの理由により、我が社技研へ依頼が来た形となりました。

プレキャストコンクリート製品工場には欠かせないコンクリート打設の振動機は『株式会社 エクセン』様の製品を技研青森工場では使用しております!

見学後、お客様より中国国内の土木業界の大変興味深いお話も色々聞かせて頂きました。
Pc製品施工延長数十kmの現場や重量70t超の製品など、日本では考えられないスケールの話でした。。。

技研の製品がいつか日本を超えて世界に発信される日が来ると嬉しいです♪

>株式会社 エクセン様HP

八工大さんとの見学

昨年11月29日に八戸工業大学様と株式会社技研で「白井地区道路工事」合同現場見学会を行いました。

岩手県久慈市の野田久慈道路の現場を八戸工業大学の長谷川学長はじめ、学生の皆さんと、技研スタッフで見学させて頂きました。
元請の鹿島建設株式会社 國谷所長様にご案内頂きました。

見学の内容は現在工事中の三陸沿岸道路(復興道路)の現場
・白井トンネル工事
・野田IC橋工事
・力持高架橋工事
・道路改良工事
という内容です。

今回見学した現場で技研のSBC(スーパーボックスカルバート)をご採用いただいたのは白井地区道路工事2か所となります。
※技研のSBC施工動画は『動画で見る技研の技術』から見る事が出来ます♪

白井トンネルでは、なかなか見る事が出来ないホイールジャンボという巨大な削岩機が稼働するトンネル削孔の最先端箇所も見る事ができました!

貴重な見学が出来て技研スタッフはもちろん、八工大の学生さんも非常に勉強になったと感じる合同見学会となりました。

國谷所長様並びに鹿島建設株式会社の皆様、お忙しいところ大変ありがとうございました!
復興道路の早期開通を心待ちにしております!

>鹿島建設様HP【白井地区道路工事】
>八戸工業大学様HP

新年のご祈祷に行ってきました!

1月20日、商売繁盛、業務安全の祈願のため青森市の大星神社に技研代表の鷲尾以下
新年のご祈祷に行って参りました。

 

2017年は「丁酉(ひのととり)」の年。
「丁(ひのと)」は「火」、「酉(とり)」は「金(金属)」を表し、火が金属を融かすことを連想させる為、物事があまり順調に進まない年のようです。
しかし新しいことを始めるための種まきをするのには最適な年だと宮司様からお言葉を頂きました。

2017年、『株式会社 技研』は新しいことを始める「変革の年」と捉え、じっくり慎重に、また、豊かなアイディアと大胆さで、いろんなことに挑戦していきたいと思います。

We Build The Future With The Technology!

 

 

1 2